禁煙を続けていくための心得

禁煙に必要な知識や心得、タバコに関する情報をまとめたブログです🐸

2018年最新の日本人喫煙率

こんにちは、つねまつです!

 

 

 

今日の記事では

日本全体の喫煙率の変化

について書いていこうと思います。

 

 

 

ほとんどの皆さんが

タバコを吸う人が

なんとなく減っている

というのはわかっていても

 

 

 

実際にどう変化しているのか

までわかっている方は

少数だと思います。

 

 

 

今回は、喫煙率の変化を見ていくことで

日本全体のタバコへの考え方が

時代と共にどう変化しているのか

考察していきたいと思います。

f:id:zionkrm:20180911133228j:plain

あなたが、時代の流れによって

タバコの捉え方がどう変化してきたか

この記事を読み、知ることで

2018年の最新のタバコ事情

 

 

 

タバコを吸い続ける毎日に

危機感と刺激

を得ることができます。

 

 

 

禁煙以外にも言えることですが

危機感を持つことは

目標達成に欠かせない要素のひとつです

 

 

 

「タバコやめなきゃ・・」

という危機感

日常で覚えることはあっても

すぐに忘れかけてしまうのが人間です。

 

 

 

この記事を読むことで

しっかりと危機感を刻み込んでください

 

 

 

この記事を読まない選択をして

これからも何の危機感も抱かず

タバコを吸い続けても

僕はまったく構いません。

 

 

 

その選択をすれば

これからもタバコの奴隷

のまま過ごしていくことになります。

 

 

 

あなたにとってどちらがプラスになるか

あなた自身が決めてください。

あなたの意志さえあれば

僕はあなたの力になれる自信があります

f:id:zionkrm:20180911112542p:plain

 

目次

 

 

タバコCMの規制

ここ数年で

喫煙者に対する目は厳しくなる一方

禁煙を推進する動きは加速しています。

 

 

 

2004年には、タバコに関する

テレビ、ラジオ、CMはすべて規制され

一気に圧力は増すばかりです。

 

 

 

 

まずは、ここで

タバコのCMが規制された翌年の

2005年とその10年後の2015年

喫煙率を見てみたいと思います。

 

 

 

     20代  30  40代

2005/51.6/54.6/53.9

        20.9/20.9/17.9

2015/28.3/37.4/37.8

        10.1/12.1/13.8

 

 

 

※上が男性、下が女性の喫煙率です。

ここでは、見やすいように

20代~40代までを色分けして

ピックアップしています。

 

 

 

もし、他の年代が気になる人は

厚生労働省発表の統計情報への

リンクを張っておきますので

ご覧になってみてください^^

 

 

 

喫煙率情報のソース↓↓↓

最新たばこ情報|統計情報|成人喫煙率(JT全国喫煙者率調査)

f:id:zionkrm:20180911133827j:plain

さて、本題に戻ります。

上の数字を見てもらうと

2005年20代男性の喫煙率が

51.6%!!なのに対して

 

 

 

10年後の30代男性

(2005年の20代男性)

の喫煙率は28.3%

となっているのがわかります。

 

 

 

単純計算なので正確なことは

言えないかもしれませんが

2005年に喫煙していた20代男性の

30%近くが10年間のうちに

 

 

 

禁煙に成功している

ということになります。

同じことが2005

30代男性にも当てはまります。

 

 

 

2005年30代男性54.6%

2015年40代男性37.8%

約20%の方が禁煙に成功しています。

 

 

 

このデータから僕が言いたいのは

禁煙に成功した人は

しっかり存在しているということです。

f:id:zionkrm:20180909195621j:plain

タバコに依存していると 

禁煙が夢物語、幻想

思えることがあります。

 

 

 

「禁煙なんて無理」

「自分にはできない」

「タバコをやめるなんて想像できない」

そんなことありません。

 

 

 

あなたが、その2,30%の中に

入ることだって十分ありえます。

このブログを見ているあなたは

目の前にそのチャンスが転がっています

f:id:zionkrm:20180911133936j:plain

 

若い世代の喫煙率の減少

2004年にタバコのCMが規制され

公共機関や雑誌など

その他の広告においても

自粛ムードが強くなりました。

 

 

 

現代の20代と言えば

その頃は小中学生でした。

つまり、今の20代それより下の世代は

タバコのCMを見ていない

 

 

 

人の方が圧倒的に多いのです。

そして、さらに

最近のタバコ関連のCM、広告といえば

禁煙をテーマにしたものがほとんどです

 

 

 

タバコの煙の代わりに

ビタミンを吸引する

ビタッチやピュアプラス

カードリッジ式電子タバコなどや

 

 

 

有名なものでいえば

ニコレットやニコチンガムなどの

ニコチンを含んだ代用品

 

 

 

ひと昔前までは

タバコの広告といえば

f:id:zionkrm:20180911124347j:plain

こういった広告ばかりで

タバコは、魅力的な大人の嗜好品でした

タバコをひとつの

ステータスとして扱う広告

 

 

 

タバコを自分だけでなく他人にも

悪影響を与える

有害なものとして扱う広告

 

 

 

どちらを多く見て育ってきたかで

タバコへの捉え方は

全く違ったものになるでしょう。

 

 

 

現代の20代に

タバコはかっこいいものという認識は

ほとんどありません。

 

 

 

昔は、中学、高校になると

不良、ヤンキーと呼ばれる部類の方が

タバコを吸っているのは当たり前でした

f:id:zionkrm:20180911134221j:plain

今では、そもそも

不良、ヤンキー自体が

減少傾向にあります。

 

 

 

もうすでに、物心ついたころから

タバコは有害なもの

という認識を持つ世代が

20代になっています。

 

 

 

そして、これに

非喫煙者の方が圧倒的に多いという事実

が、後押しして

 

 

 

非喫煙者が、喫煙者に対して

強気で本音をぶつけてくる

ようになりました。

f:id:zionkrm:20180911134419j:plain

全体の喫煙者が、30~40%だった

~2013年くらいまでは

昭和の名残もあって

「タバコくらい好きに吸わせろよ!」

 

 

 

という言い分が

一部、まかり通っていましたが

これから先はそうもいかないのは

明らかです。

 

 

 

非喫煙者が喫煙者の数が

上回ったように

タバコの広告を見て育った世代

禁煙の広告を見て育った世代

 

 

 

上回ってくるのは時間の問題です。

そうなれば

今よりも喫煙者に冷たい社会の到来は

避けられないでしょう。

 

 

 

ここで、最後に2018年の

最新の喫煙率を置いておきます

 

 

 

20代  30代  40代  50代

23.3/33.1/35.5/33.0

 6.6/11.1/13.6/12.0

 

 

 

全体の流れとして

これから喫煙率が爆発的に上がることは

まずないでしょう。

 

 

 

2018年のデータで

20代と30代の間に10%

の違いがありますし

女性に至っては一桁になっています。

 

 

 

男性、女性関わらず、後輩から

「え、なんでタバコなんか

吸ってるんですか?(笑)」

と笑われてしまう日はまじで近いです。

 

 

 

いきなり禁煙を迫られるよりは

自ら、危機感を持って

禁煙に取り組んだ方が

メンタル的にはかなり楽です。

 

 

 

チャンスは目の前に転がっています。

勇気を持って

一歩踏み出してみてください^^

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

友だち追加

 

www.instagram.com